実行しながら覚える正規表現


  対象データは mixi の足あと




mixi やってれば、手に入るデータです。
できれば自分のデータでやってみましょう(そのほうが楽しいです)。

  

2006年07月22日 23:03 <a href="show_friend.pl?id=1234567">マカロニ</a><br>

2006年07月22日 22:57 <a href="show_friend.pl?id=9876543">ボス</a><br>

2006年07月22日 22:38 <a href="show_friend.pl?id=7777777">山さん</a><br>
  

パターンの指定にまず以下を指定してみて下さい

[^\n]+\n

まずはここから話が始まります



結果は「一行ごとにデータが取得」されたはずです。
ちなみに、この処理は PHP で以下のように書かれています
( 日本語処理を想定して、mb_string の正規表現関数を使い、preg_match_all 関数と同じ機能を実装しています )

<?
require_once( "./mwin.php" );

mb_language( "ja" );
mb_internal_encoding("EUC-JP");

foreach( $_POST as $Key => $Value ) {
	$_POST[$Key] = str_replace("\\\\", "\\", $Value );
	$_POST[$Key] = str_replace("\\'", "'", $_POST[$Key] );
	$_POST[$Key] = str_replace("\\\"", "\"", $_POST[$Key] );
}
$_GET = $_POST;
?>

<HTML>
<HEAD>
<META http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=euc-jp">
<TITLE>PHP 雛形</TITLE>
<LINK rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css">
<STYLE type="text/css">
</STYLE>
</HEAD>
<BODY id="body" style='background-color:white'>

<?

if ( trim( $_GET['text'] ) == '' ) {
	print "対象データを入力して下さい";
	exit();
}
if ( trim( $_GET['pattern'] ) == '' ) {
	print "パターンを入力して下さい";
	exit();
}

if ( substr( $_GET['text'], 0, 4 ) == 'http' ) {
	$ret = @file_get_contents( $_GET['text'] );
	if ( $ret !== FALSE ) {
		$enc = mb_detect_encoding($ret, "SJIS,UTF-8,EUC-JP");
		if ( $enc == 'SJIS' || $enc == 'UTF-8' ) {
			$ret = mb_convert_encoding ( $ret, "EUC-JP", $enc );
		}
		$_GET['text'] = $ret;
	}
}

mb_ereg_search_init( $_GET['text'], $_GET['pattern'], "i" );
while( TRUE === mb_ereg_search() ) {
	$work = mb_ereg_search_getregs();
	$ncnt = 0;
	foreach( $work as $Key => $Value ) {
		$Value = mb_ereg_replace( "&", "&amp;", $Value );
		$Value = mb_ereg_replace( "<", "&lt;", $Value );
		$matches[$ncnt][] = mb_ereg_replace( ">", "&gt;", $Value );
		$ncnt++;
	}
}

print "<pre>";
print "<span style='color:blue'>[0] は、マッチした全体の文字列を指す</span>\n";
print "<span style='color:blue'>それ以外は () によってマッチした部分文字列</span>\n";
print_r($matches);
print "</pre>";

?>

</BODY>
</HTML>









  [^\n]+\n の意味と範囲指定マッチング




1) \n は言わずと知れた改行文字を指します。
2) [ と ] は、文字の集合を表す時に使います。
3) [] の中の先頭に書かれた ^ は、指定された文字集合以外を指定した事になります。
4) + は、直前の文字が1個以上連続した文字列を意味します

つまり、改行以外の n 個の文字が改行で終わる文字列・・・という事になり、
通常のテキストデータにおける「一行」を指す事になります

で。

この指定の仕方が、実は「範囲指定マッチング」の基本的な指定方法となります。

開始文字 + 終了文字では無い文字の集合で構成された文字列 + 終了文字

では、HTML Aタグの開始タグと終了タグの間の文字列はどうなるでしょうか。

  

>[^<]+</a
  

しかし、このままでは間の名前の前後にタグが付いてきてしまうので、以下のようにしてみて下さい

  

>([^<]+)</a
  



この () で囲まれた中身が部分マッチングと呼ばれ、これを使って必要な文字列を取得します。
( 複数指定が可能です )


[xyz]文字セットを指定します。角かっこで囲まれた文字の中のいずれかに一致します。たとえば、'[abc]' は "plain" の 'a' と一致します。
[^xyz]除外する文字セットを指定します。角かっこで囲まれた文字以外の文字に一致します。たとえば、'[^abc]' は "plain" の 'p' と一致します。
[a-z]除外する文字の範囲を指定します。指定された範囲にある文字と一致します。たとえば、"[a-z]" は小文字の英字 "a" から "z" の範囲にある任意の文字と一致します。
[^a-z]否定の文字の範囲。指定範囲以外の文字と一致します。たとえば、"[^a-z]" は小文字の英字 "a" から "z" の範囲外にある

  複数の部分マッチングを使用して id と 名前を取得

  

<a href="show_friend.pl\?id=([\d]+)">([^<]+)</a
  

  

<a href="show_friend.pl は、その文字列そのものを指します。

\? は、? がワイルドカード文字列なので、\ でエスケープしています。

id= はその文字列そのもの

\d は、数字文字で [0-9]と同じ意味
  




  年月日を取得

  

([\d]+)年([\d]+)月([\d]+)日[\s]+([\d]+):([\d]+)\s
  

ここでは、空白文字の区切りを [\s]+ と表現しています。

空白は複数でもかまいません。
空白文字とは、タブや改行も含まれます( 実際は他にもある )

\s は 空白一文字で、\でエスケープされる特殊文字を複数指定する場合は [] が必要です

[\s]+ : 複数の空白文字列
\s : 一つの空白文字
.+ : 任意の改行以外の複数文字列
A+ : A が1文字以上連続する文字列





  あらためて特殊文字

^入力文字列の先頭と一致します。かっこの中で使用した場合は、かっこ内の文字セットを否定します。^ と一致させる場合は \^ と指定します。
$入力文字列の末尾と一致します。$ は '\n' または '\r' の直前にも一致します。$ と一致させる場合は \$ と指定します。
*直前のサブ式と 0 回以上一致します。* と一致させる場合は \* と指定します。
+直前のサブ式と 1 回以上一致します。+ と一致させる場合は \+ と指定します。
.改行文字 \n 以外の 1 文字と一致します。. と一致させる場合は \ と指定します。
?直前のサブ式と 0 回または 1 回一致します。? と一致させる場合は \? と指定します。
|A|B|C というようにいずれかと一致します。| と一致させる場合は \| と指定します。
\b単語の境界と一致します。単語の境界とは、単語とスペースとの間の位置のことです。たとえば、'er\b' は "never" の 'er' と一致しますが、"verb" の 'er' とは一致しません。
\B単語境界以外と一致します。たとえば、'er\B' は "verb" の 'er' と一致しますが、"never" の 'er' とは一致しません。
\cxx で指定した制御文字と一致します。たとえば、\cM は Control-M またはキャリッジ リターン文字と一致します。x の値は、A-Z または a-z の範囲内で指定します。それ以外を指定すると、リテラル文字 "c" と認識されます。
\d任意の 10 進文字と一致します。[0-9] と同じ意味になります。
\D10 進数字以外の任意の 1 文字と一致します。[^0-9] と同じ意味になります。
\fフォームフィード文字と一致します。\x0c および \cL と同じ意味になります。
\n改行文字と一致します。\x0a および \cJ と同じ意味になります。
\rキャリッジ リターン文字と一致します。\x0d および \cM と同じ意味になります。
\sスペース、タブ、フォームフィードなどの任意の空白文字と一致します。[?\f\n\r\t\v] と同じ意味になります。
\S空白文字以外の任意の文字と一致します。[^?\f\n\r\t\v] と同じ意味になります。
\tタブ文字と一致します。\x09 および \cI と同じ意味になります。
\v垂直タブ文字と一致します。\x0b および \cK と同じ意味になります。
\w単語に使用される任意の文字と一致します。アンダースコアも含まれます。'[A-Za-z0-9_]' と同じ意味になります。
\W単語に使用される文字以外の任意の文字と一致します。'[^A-Za-z0-9_]' と同じ意味になります。
\xnn に指定した 16 進数のエスケープ値と一致します。16 進数のエスケープ値は 2 桁である必要があります。たとえば、'\x41' は "A" と一致します。'\x041' は '\x04' および "1" と同じ意味になります。この表記により、正規表現で ASCII コードを使用できるようになります。

  

^2006

\S\s$

2?0

2006|"[^"]+"|id
  




  修飾子

*直前のサブ式と 0 回以上一致します。たとえば、'zo*' は "z" とも "zoo" とも一致します。* は {0,} と同じ意味になります。
+直前のサブ式と 1 回以上一致します。たとえば、"zo+" は "zo" や "zoo" とは一致しますが、"z" とは一致しません。+ は {1,} と同じ意味になります。
?直前のサブ式と 0 回または 1 回一致します。たとえば、'do(es)?' は "do" または "does" の"do" と一致します。? は {0,1} と同じ意味になります。
{n}n には 0 以上の整数を指定します。正確に n 回一致します。たとえば、'o{2}' は "Bob" の 'o' とは一致しませんが、"food" の 2 つの o とは一致します。
{n,}n には 0 以上の整数を指定します。少なくとも n 回一致します。たとえば、'o{2}' は "Bob" の 'o' とは一致しませんが、"foooood" のすべての o とは一致します。'o{1,}' は 'o+' と同じ意味になります。'o{0,}' は 'o*' と同じ意味になります。
{n,m}m および n には 0 以上の整数を指定します。n は m 以下です。n 〜 m 回一致します。たとえば、'o{1,3}' は "fooooood" の最初の 3 つの o と一致します。'o{0,1}' は 'o?' と同じ意味になります。カンマと数の間には、スペースを入れないでください。





yahoo  google  MSDN  MSDN(us)  WinFAQ  Win Howto  tohoho  ie_DHTML  vector  wdic  辞書  天気 


[phpVarious]
CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)
19/06/21 01:03:28
InfoBoard Version 1.00 : Language=Perl

BatchHelper COMprog CommonSpec Cprog CprogBase CprogSAMPLE CprogSTD CprogSTD2 CprogWinsock Cygwin GameScript HTML HTMLcss InstallShield InstallShieldFunc JScript JScriptSAMPLE Jsfuncs LLINK OldProg OracleGold OracleSilver PRO PRObrowser PROc PROconePOINT PROcontrol PROftpclient PROjscript PROmailer PROperl PROperlCHAT PROphp PROphpLesson PROphpLesson2 PROphpLesson3 PROphpfunction PROphpfunctionArray PROphpfunctionMisc PROphpfunctionString PROsql PROvb PROvbFunction PROvbString PROvbdbmtn PROvbonepoint PROwebapp PROwin1POINT PROwinSYSTEM PROwinYOROZU PROwindows ProjectBoard RealPHP ScriptAPP ScriptMaster VBRealtime Vsfuncs a1root access accreq adsi ajax amazon argus asp aspSample aspVarious aspdotnet aw2kinst cappvariety centura ckeyword classStyle cmaterial cmbin cmdbapp cmenum cmlang cmlistbox cmstd cmstdseed cmtxt cs daz3d db dbCommon dbaccess dnettool dos download flex2 flex3 flex4 framemtn framereq freeWorld freesoft gimp ginpro giodownload google hdml home hta htmlDom ie9svg install java javaSwing javascript jetsql jquery jsp jspTest jspVarious lightbox listasp listmsapi listmsie listmsiis listmsnt listmspatch listmsscript listmsvb listmsvc memo ms msde mysql netbeans oraPlsql oracle oracleWiper oraclehelper orafunc other panoramio pear perl personal pgdojo pgdojo_cal pgdojo_holiday pgdojo_idx pgdojo_ref pgdojo_req php phpVarious phpguide plsql postgres ps r205 realC realwebapp regex rgaki ruby rule sboard sc scprint scquest sdb sdbquest seesaa setup sh_Imagick sh_canvas sh_dotnet sh_google sh_tool sh_web shadowbox shgm shjquery shvbs shweb sjscript skadai skywalker smalltech sperl sqlq src systemdoc tcpip tegaki three toolbox twitter typeface usb useXML vb vbdb vbsfunc vbsguide vbsrc vpc wcsignup webanymind webappgen webclass webparts webtool webwsh win8 winofsql wmi work wp youtube